HOME» 尾道観光»

尾道のネコたち

尾道のネコ1

お魚がおいしい街だからでしょうか。尾道を歩いていると、本当によくネコを見かけます。
それは屋根の上だったり、細い坂道だったり、はたまた商店街の真ん中だったり。思わず「そんなところで何してるの?」と声を掛けたくなるような場所でのんびりとくつろいでいます。人懐っこいコが多く、眺めていたら擦り寄ってきた……ということもしばしば。
カメラを持っている方にとっては、尾道のネコたちは格好のモデルです。大人しくちょっと貫禄があるネコを風景に入れてパシャリ。それだけで、尾道らしさが強調されたノスタルジックな雰囲気の一枚に仕上がってしまうのですから不思議です。

尾道のネコ2

「ロープウェイのりば」から「千光寺」方面に伸びる坂道は、通称「ネコの細道」。
1本の細い道で108匹の小石に描かれた福石猫(ふくいしねこ)が出迎えてくれます。

そこここで本物のネコが無防備に昼寝をし、その途中には「招き猫美術館in尾道」というちょっとマニアックな美術館まであります。
この「ネコの細道」に限らず、山側の路地にはネコが多く暮らしています。
尾道のネコたちと触れ合いたいと思う方は、海岸通りなどの海側よりも、お寺がある山側の方を探すことをオススメします。

尾道に多いのは本物のネコだけではありません。
例えばカフェ「やまねこ」。尾道を代表する人気カフェは店名にネコ、店内には尾道ネコの写真、カップにはネコのロゴとネコづくしです。

尾道のねこ

これ以外にも、ネコの置物、ネコ型看板、小石に描かれた福石猫(ふくいしねこ)、ネコと名のつくお店……街中いたるところに「ネコ的なモノ」が存在します。

旅の途中、あなたは何匹の「ネコ」を見つけることができるでしょうか。

尾道のネコたち」への2件のフィードバック

  1. 米澤 秀一・容子

    猫好きの70歳少々の夫婦です。写真を撮るのも大好きです、そんな夫婦の散策コースを教えて下さい。

    返信
    1. admin 投稿作成者

      はじめまして。
      お返事遅くなりすみません。

      まず、お勧めするのは商店街を通りロープウェイで千光寺公園に行き、そこから文学の小路を通って千光寺と商店街と海岸通りを歩くというのはおすすめコース通りです。
      http://hiroshima.kokoronoase.com/%E5%B0%BE%E9%81%93%E8%A6%B3%E5%85%89%E3%81%8A%E3%81%99%E3%81%99%E3%82%81%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%AE%E6%A6%82%E8%A6%81/

      千光寺の他にも尾道は沢山のお寺があるのですが、限られた時間の中で、もしも行くなら
      浄土寺(浄土寺には聖徳太子が作らせたと言われる国宝の多重塔があります)、
      西國寺(健脚を祈願して草鞋が納められています。)、を抑えておくと良いと思います。

      猫は特に山側にはたくさんいますので山側を歩けばいろいろな所で見かけることができると思いますが、海側以外はほとんど歩きでの移動しかできないうえ、坂の町なので上り下りが多いのでこれから夏にかけては大変です。
      尾道ラーメンも熱いですし。

      尾道ラーメンでは「朱華園」や「つたふじ」が有名ですが、行列もできやすいので、時間がない場合はあまりこだわらないほうが良いかと思います。
      他にもワッフルの「こもん」なども待ち時間が長くなりがちです。

      晴れた暑い日でしたら、無理せず商店街やその近辺のお店を巡ってばてないように気を付けていただきたいと思います。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です